植毛するなら自毛が安全|病院・クリニックの治療で解決

植毛するクリニックの選び方

植毛は髪を増やしてくれる、とても嬉しい手段のひとつですが、やはり人間がする手術なので成功率が100%というわけではありません。

 

ですので、少しでも良い植毛をするために、信用のできるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

とは言っても、どういったクリニックが信用できるところかなんてわからないものです。

 

そんなときには無料のカウンセリングを受けて見極めるといいでしょう。

 

例えば植毛のカウンセリングの時に、いくつか質問を用意しておいて、それらを実際に先生に聞いてみてください。

 

信用できるクリニックの先生というのは、植毛に対する知識をたくさん持っていることが多いので、そういった質問に答えられないときは少し疑ったほうがいいかもしれません。

 

もちろん知識だけではなく、植毛には経験も重要な要素なので、少し失礼を承知で何年間この仕事をしているか聞いてみるのもいいでしょう。

 

向こうもすぐにばれてしまうので、嘘をつくことはまずありません。

 

これらの質問をしてみて、あなたが信用できると思えば、そのクリニックで植毛をしても問題ないでしょう。

 

逆に何か引っかかる部分があるのであれば、他のクリニックのカウンセリングも受けてみて、候補を増やしてみることをオススメします。

 

自毛植毛比較ランキング@値段・費用対効果抜群のクリニック

植毛後の注意点

 

植毛手術を受けた後には、術後にいくつか注意点があります。

 

まずシャンプーですが、手術を終えたあと二週間ほどは髪が頭皮に定着するためにとても大切な時です。

 

とくに一週間ほどは植毛をした部分にシャンプーは使わないで、勢いを弱めたシャンプーや、お湯を溜めた桶などに頭を浸して優しく頭を洗うようにしましょう。

 

それ以外の部分にも刺激の強いシャンプーは控えることです。

 

洗髪後はタオルで優しく水分を拭き取ります。

 

ドライヤーを使う場合は冷風か、温風の場合には充分に頭から距離を離して熱風を避けることです。

 

術後一週間ほど後から二週間目くらいまでは、移植した部分にシャンプーを使用してもかまいません。

 

ですが、でき始めるかさぶたを擦らないようにしましょう。二週間目以降は通常通りの洗髪で問題ありません。

 

また、日常生活にも注意が必要です。

 

アルコールやタバコは血行を悪くして植毛した部位の定着率に悪い影響が出てしまいます。

 

術後一週間は控えるようにしましょう。

 

細かい植毛後の注意点はクリニックによって指導されることになるでしょうから、それに従っていれば問題はありません。

 

そして何かしらのトラブルがあった場合には、すぐにクリニックに相談するようにしましょう。

植毛で自分の毛髪を使う理由と拒絶反応

 

医療行為では、たまに移植が行われます。

 

その際に、たまに拒絶反応が大きなポイントになるのです。

 

例えば皮膚の移植を考えてみます。

 

自分の皮膚に対する損傷が発生した場合、他の方からそれを移植してもらう方法があるのです。

 

ところで移植がスムーズに進むか否かは、拒絶反応に左右されます。

 

余りにもその反応が強いと、移植がスムーズに進まない事もあるのですね。

 

ですので血液型などを確認した上で、移植を行わなければなりません。

 

医療行為というのは、なかなか奥が深いものですね。

 

ところでその拒絶反応は、植毛とも大きな関係があります。

 

植毛の場合は毛髪を別の箇所に移し替える方法になりますが、その際にも上記の反応が生じる事があるのです。

 

基本的に植毛では、自分の髪の毛を用いるケースが圧倒的に多いですね。

 

他人の髪の毛は用いない傾向があります。その理由の1つが、上記の拒絶反応です。

 

他の方の髪の毛を移植しますと、その反応によって抜け落ちてしまうリスクがあります。

 

それでは手術が無駄になってしまうでしょう。

 

ところが自分の髪の毛の場合は、簡単には抜け落ちないようになっています。

 

それだけ成功率が高めなので、自毛植毛が行われるケースが一般的なのですね。